現代語訳吾妻鏡, Volume 8

Front Cover
五味文彦, 本郷和人, 本鄉和人
吉川弘文館, 2010 - Japan - 263 pages
将軍実朝の迷走と、その殺害から承久の乱までを描く。承久元年(1219)正月、実朝は鶴岡八幡宮社頭で兄頼家の遺児公暁に殺害される。同年7月、新鎌倉殿藤原頼経が鎌倉に下向。承久3年(1221)幕府の混迷を見た後鳥羽上皇は北条義時追討の院宣を発する。政子の大演説による御家人結集に成功した幕府は大軍を派遣、朝廷軍と対決する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information