天皇の歴史, Volume 8

Front Cover
講談社, 2018 - Emperors - 499 pages
一九〇一年、明治天皇の初皇孫として生まれた迪宮裕仁は、その前半生に三度、焦土に立つ運命にあった。八七年の生涯を通じて、総力戦の悲惨さと戦後の繁栄を経験した昭和天皇は、いかに歴史の「動力」となっていったのか。昭和の戦争は平成の天皇に何を残したのか。「新憲法」「平和」「アメリカ」「沖縄」などの視点から、「象徴天皇の時代」を大幅に増補。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information