陸海軍戦史に学ぶ負ける組織と日本人

Front Cover
集英社, 2008 - Japan - 238 pages
日本は世界第四位の軍事大国といわれる。しかしそれは、軍事予算、装備の質と量を意味するだけで、本当の軍事力をさすものではない。組織としての危機管理能力、指揮系統の柔軟性と迅速性がなければ、ただの張子の虎である。本書は戦前の陸軍、海軍の作戦行動の欠点を組織論という観点から明らかにし、今日につづく集団としての日本と日本人の問題点を探っていく。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information