津軽

Front Cover
KADOKAWA, 2018 - 218 pages
昭和十九年五月、津軽風土記の執筆依頼を受けた太宰は、三週間かけて津軽地方を一周した。生家と義絶して以来、帰るのを憚っていた故郷―。懐かしい風土と素朴な人柄に触れ、自らにも流れる津軽人気質を発見する旅は、「忘れ得ぬ人たち」との交歓の日々でもあった。やがて、旅の最後に、子守・たけと三十年ぶりに再会を果たし...。自己を見つめ直し、宿命の地・津軽への思いを素直に綴った名紀行文。

What people are saying - Write a review

津軽 (新潮文庫)のBebeCherieさんの感想・レビュー

User Review  - BebeCherie - 読書メーター

This reminded me his "富嶽百景”. The last part, meeting his old nanny was best in this story. Read full review

Review: 津軽 (新潮文庫)

User Review  - るいるい - Booklog

040616-1003 Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information