ヨーロッパ中世の宗教運動

Front Cover
名古屋大学出版会, 2007 - 720 pages
隠修士、カタリ派、少年十字軍、ベギン会、鞭打ち苦行団、千年王国運動―中世社会が希求した“霊性”のあり方を民衆的な宗教運動に探り、その持続と変化の様を通して中世世界をトータルに捉え直した画期的著作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information