不登校は終わらない: 「選択」の物語から“当事者”の語りへ

Front Cover
新曜社, Nov 20, 2004 - Educational sociology - 327 pages
不登校は「病理・逸脱」だ、いや「選択」の問題だ―これらはどれも“当事者”の本音ではなかった。不登校がその後の人生に与えた影響まで含めて、その体験の全体を“当事者”の語りを通して明らかにする。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information