雲の都, Volume 5

Front Cover
新潮社, 2012 - 424 pages
悠太もいまや六十代半ば、娘・夏香は父親が神戸で町工場を経営する青年と結婚し、息子の悠助もプロのピアニストを目指し始める。ところが、阪神大震災と地下鉄サリン事件が二人の運命を大きく変える...。昭和初期から世紀末までの波乱の時代と一族の歴史を描く渾身の自伝的大河小説完結編。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information