辞書を読む愉楽

Front Cover
角川書店, 2003 - Japanese essays - 261 pages
翻訳家・愛猫家として名高い著者が、辞書を読みよみ、ビールを読みのみ、口とマウスを動かして、ことばの世界に没頭する。ポチの語源に回文指南、酒と将棋と麻雀、競馬...。多彩なテーマと切り口で辞書を読物としてとらえ、ことばのエッセンスを紡ぎ出す、読んで愉しむエッセイの名品、81篇。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information