ハロルド・ピンター: 失われた時を求めてほか

Front Cover
早川書房, 2009 - 329 pages
ホロコーストの記憶に苛まれる女。その悪夢はどこまで真実なのか。彼女を問い質す男の真意はどこにあるのか...『灰から灰へ』。二十世紀文学の最高傑作を、斬新な手法で脚色した『失われた時を求めて』。著者最後の劇作『それはそれとして』他。現代世界を覆う「巨大な嘘の綴れ織り」に、詩性煌めく劇の言葉は屹然と対峙する。本国に先駆け書籍化する二篇を含む、英国演劇界不世出の鬼才による珠玉の六篇を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information