報道が社会を変える: 石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞記念講座講義録

Front Cover
早稲田大学出版部, 2005 - Journalism - 203 pages
本書には、第一回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞に推薦・応募のあった全百二十六作品のなかから、「阪神・淡路大震災からの復興に向けての論説、評論活動」により、公共部門で受賞した神戸新聞論説委員室を代表して上羽慶市論説委員、テレビドキュメンタリー「島の墓標」により、草の根民主主義部門で受賞した山陽放送プロデューサー曽根英二報道部長、旧石器発掘ねつ造問題の一連の企画と『発掘捏造』の出版により文化貢献部門で受賞した毎日新聞旧石器遺跡取材班代表、真田和義北海道報道部長が行った講義を収録。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information