シュレーディンガーの猫、量子コンピュータになる。

Front Cover
青土社, Mar 28, 2014 - 303 pages
日々進歩し確実に実用に向かっている量子コンピュータ。チューリングやフォン・ノイマンの古典的コンピュータから、ファインマンやベルによる量子力学の展開を経て、ドイッチュの多世界を軸に、試行錯誤によって学習する機械、侵入不可能なパソコンやスマートフォン、超光速通信やテレポーテーションの可能性までを、わかりやすく網羅的に解説する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information