フェミニズム理論

Front Cover
岩波書店, 2009 - Feminism - 325 pages
社会構築主義のインパクト、多様性の承認。バックラッシュと新自由主義、「女性の貧困化」。社会理論がその方向性を見定めがたく彷徨する間に、ひとびとの身体・生命はグローバルな取引の激流に投げ出された。フェミニズムは近代リベラリズムの何を乗り越えるのか。ジェンダーの壁を越えた承認と再分配の理論構築へ、丹念に積み重ねられた論考を紹介。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information