ロシア変動の構図: エリツィンからプーチンへ

Front Cover
下斗米伸夫
法政大学出版局, 2001 - 227 pages
ロシアはどこへ行こうとしているのか?20世紀、劇的に変化し続けてきたロシアは、エリツィンからプーチンへの権力移行期にあって、多くの困難を抱えつつ新たな変容を迫られている。本書は、エリツィン時代までの金融危機、環境問題、中央アジアの変動等々を、国際関係も含めて総合的に考察、二一世紀ロシアの課題を提起し、日ロ関係の方向を示唆する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information