西洋美術の歴史 7 19世紀: 近代美術の誕生、ロマン派から印象派へ

Front Cover
中央公論新社, 2017 - 579 pages
近代市民社会が成立した一九世紀、美術の世界も激変する。古代の理想美を絶対とする伝統的価値観から、美の基準は「今ここ」にあるとする近代的価値観へ。新しさ、独創性を追求し続ける美の革命が始まる。ダヴィッド、アングル、ドラクロワ、クールベ、マネ、モネ、セザンヌと連なるフランス絵画をはじめ、スペインのゴヤ、ドイツのフリードリヒやナザレ派、イギリスの風景画やラファエル前派など、多彩な芸術が同時多発的に出現する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information