バイオエネルギー最前線: 持続社会へむけて

Front Cover
森北出版, 2001 - 167 pages
21世紀をむかえた今、化石燃料の枯渇や環境破壊の進むなかで、その対策として有効な技術がバイオエネルギーである。土壌を豊かにしクリーンエネルギーを作り出す。資源環境技術総合研究所で最先端の研究をしていた著者が最新の事例を紹介しながら、世界の中で環境に対する日本の役割を問う。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information