戦後日本のジャズ文化: 映画・文学・アングラ

Front Cover
青土社, 2005 - Japan - 384 pages
0 Reviews
戦後文化に刻まれたビート。黒沢明、裕次郎、そして若松孝二からアニメまで。五木寛之、倉橋由美子、中上健次、平岡正明、筒井康隆、村上春樹、そしてジャズ喫茶からジャズ革命論まで。ジャズはいかに受容され、いかに多くの表現者たちの源泉となってきたか―。日米のジャズ、文学に通暁するこの著者にしか書けなかった、異色のジャズ文化論書き下ろし。戦後カルチャー論の空隙を突く野心作。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information