法学の誕生: 近代日本にとって「法」とは何であったか

Front Cover
筑摩書房, 2018 - Jurisprudence - 419 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
日本が、驚くほど短期間に近代化を果たしえたのは、西洋法の継受に成功したからである。だが、「法」を自らのものとして運用するには、それを支える法的思考様式、つまりは「法学」を受容することが不可欠だった。法学とは西洋社会に深く根差した思想であり、文化である。全く異質な文化的土壌をもった日本社会が、それまでにない思考様式を受容するのには幾多の困難があった。いったい日本人は、いかにしてそれを乗り越えたのか?欧米列強と対等に伍するため、国を代表する俊英たちが競って法学を学び、近代国家としての骨格をつくり上げた明治日本。先人たちの苦闘の歴史をあざやかに描き出す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information