統合の終焉: EUの実像と論理

Front Cover
岩波書店, 2013 - Europe - 488 pages
連邦国家を目指す「統合」の物語は終わった。けれども、もはやEU抜きの統治は考えられなくなっている。「ポスト統合」を生きるヨーロッパをどう捉えたらよいのか。EUの形成過程やその内的なダイナミズムの分析、統合の思想的検討などを通じて、ヨーロッパ統合のもつ豊かな含意を引き出していく。気鋭の国際政治学者がEUの実像と論理に迫る意欲作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information