トラウマ文学館: ひどすぎるけど無視できない12の物語

Front Cover
頭木弘樹
筑摩書房, 2019 - 395 pages
誰しも、子供の頃などに読んで、トラウマのようになってしまっている物語があるもの。タイトルも作者も忘れてしまっても、物語の肝心なところは、忘れようにも忘れられない。そして、もしかすると、それを読んだことが、今の自分に大きく影響しているのかもしれない...。そんな物語ばかりが集めてある文学館。ここを訪れてしまったら、出てくるときには、もう前と同じ自分ではいられない...。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information