エネルギー政策論

Front Cover
岩波書店, 2017 - Energy policy - 245 pages
原発事故後、エネルギー政策の重要性はかつてなく高まっている。原発をどうするか。再生可能エネルギーに頼ることはできるのか。公共政策論を基礎に、環境経済学や国際関係論、最低限の工学的知識など、多角的な視野が必要とされるエネルギー政策を体系的に理解するための最良のテキスト。日本や地球環境にとって喫緊の課題であるエネルギー問題が、この1冊ですべてわかる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information