人国記・新人国記

Front Cover
岩波書店, 1987 - Japan - 300 pages
昔から人間の性格には風土の影響があると考えられてきたようだ。この二書は、日本六十余州を国別にあげ、各国の地勢とともに人情・風俗・気質を述べたもの。『人国記』の著者・成立年代は不明だが、江戸の初期、関祖衡はこれに地図を付し「暖気のところの人は柔弱、寒気のところの人は堅固」等の説明を加え『新人国記』として刊行した。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information