走ることについて語るときに僕の語ること

Front Cover
文藝春秋, 2007 - Marathon running - 241 pages
17 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
1982年秋、専業作家としての生活を開始したとき、彼は心を決めて路上を走り始めた。それ以来25年にわたって世界各地で、フル・マラソンや、100キロ・マラソンや、トライアスロン・レースを休むことなく走り続けてきた。旅行バッグの中にはいつもランニング・シューズがあった。走ることは彼自身の生き方をどのように変え、彼の書く小説をどのように変えてきたのだろう?日々路上に流された汗は、何をもたらしてくれたのか?村上春樹が書き下ろす、走る小説家としての、そして小説を書くランナーとしての、必読のメモワール。

From inside the book

What people are saying - Write a review

User ratings

5 stars
5
4 stars
4
3 stars
8
2 stars
0
1 star
0

Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified

Review: 走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

User Review  - wisteria0805 - Booklog

2011.11.15@JL735 Read full review

Review: 走ることについて語るときに僕の語ること

User Review  - kusugaoka - Booklog

200806 Read full review

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information