ハンニバル, Volume 1

Front Cover
あの血みどろの逃亡劇から7年―。FBI特別捜査官となったクラリスは、麻薬組織との銃撃戦をめぐって司法省やマスコミから糾弾され、窮地に立たされる。そこに届いた藤色の封筒。しなやかな手書きの文字は、追伸にこう記していた。「いまも羊たちの悲鳴が聞こえるかどうか、それを教えたまえ」...。だが、欧州で安穏な生活を送るこの差出人には、仮借なき復讐の策謀が迫っていた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information