原民喜: 死と愛と孤独の肖像

Front Cover
岩波書店, 2018 - 275 pages
『夏の花』で知られる作家・詩人、原民喜(一九〇五‐五一)。死の想念にとらわれた幼少年期。妻の愛情に包まれて暮らした青年期。被爆を経て孤独の中で作品を紡ぎ、年少の友人・遠藤周作が「何てきれいなんだ」と表した、その死―。生き難さを抱え、傷ついてもなお純粋さをつらぬいた稀有な生涯を描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information