生きることへの共感: カントとマルクスの自由と生活の共存する社会

Front Cover
清風堂書店出版部, 2011 - 295 pages
度外れな強制と搾取とが稀ではない格差社会の中で、窮迫に生きる人々と自然への共感を情熱に変えて平和と自由と生活への共存をめざす、カント‐マルクスの合意に基づく人の道。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information