九つの物語

Front Cover
集英社, 2007 - 276 pages
鋭敏で繊細な感性を触媒にして、人間の内奥の深淵を象徴的に描く「バナナフィッシュに最適の日」、差別と偏見にみちたアメリカ社会の中で生きるユダヤ人親子のスケッチ「小舟のところで」など九編を収める自選短編集。無垢な心をめぐる葛藤、青春時代の憧れと不安などサリンジャーの作品世界を余すところ無く伝え、今も世代を超えた支持を受ける。短編作家として最も円熟した時期の傑作集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information