『秘密の花園』ノート

Front Cover
岩波書店, 2010 - 71 pages
誰からも愛されることなく、「ひねくれて」育ったメアリは、荒涼としたムアに建つ屋敷で、うち捨てられた「庭」に出会った。彼女は、従兄弟のコリン、友人ディコンとともにその「庭」を美しい「花園」へと甦らせていく...。作家梨木香歩が「庭」とともにたくましく甦る生命のプロセスに寄り添い、名作の世界を案内する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information