独創する日本の起業頭脳

Front Cover
垂井康夫, 武田郁夫
集英社, 2006 - Entrepreneurship - 174 pages
行き過ぎた市場原理主義に綻びが見え始め、ITバブルの起業家たちのビジネスの実態にも目が向けられようとしている。しかし、起業家を表す言葉として広まってきた言葉、アントレプレナーには、本来、独創的、開拓者精神を強く意識した意味合いがある。そうした観点から、本書では八人の日本人起業家たちを取り上げた。これら八人の男たちの言葉に共通しているのは、目先の浮利を追わず、独創にこだわり続ける志である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information