現代語訳吾妻鏡, Volume 11

Front Cover
五味文彦, 本郷和人, 西田友広
吉川弘文館, 2012 - Japan - 284 pages
将軍頼経は多くの御家人を供に上洛、内裏や公家の邸宅、周辺の寺社等を訪問して鎌倉へ帰還した。頼経は京都滞在中に検非違使別当にも任命された。京都、ついで鎌倉に夜間警備のための篝屋が設置される。隠岐では後鳥羽上皇が没する。鎌倉深沢では大仏が造営される。執権北条泰時が没すると、孫経時が後を嗣ぎ、頼経の子頼嗣を新たに将軍とした。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information