数秘術: 数の神秘と魅惑

Front Cover
青土社, 1998 - 400 pages
数秘術は、シンボルの数学である。それはピュタゴラス以来の数学や哲学の伝統に深く根ざし、現代へとつらなっている。カバラ、ゲマトリアの世界から、現代数学に至る数秘術の豊かな果実を示し、「数の魔術」の実践法をも網羅した、「現代の数秘術」への招待。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information