スペイン富豪と傷心の乙女

Front Cover
ハーパーコリンズ・ジャパン, 2022 - 160 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
15歳の夏、私は年上の彼に恋をし、
18歳の夏、私の告白は彼に拒絶された。

18歳のエルサはある夜、幼い頃から兄のように慕ってきた、
サンティの家のベッドに潜り込んで彼を待った。
黒い瞳のハンサムな彼への恋心を抑えきれずに。
だが冷たく拒絶され、傷心を抱えて進学先のウィーンへ。
5年後、ウィーンで働き始めた彼女の前にサンティが現れる。
190センチ近い長身。エルサの腿ほどもある二の腕。
今や巨万の富をもつ富豪となった彼は、ある犯罪集団から
彼女を守りに来たという。よりによって、なぜサンティが?
「僕についてこい。二人になるまで質問はなしだ」

かつて愛を残酷な言葉で退けた、初恋の人との再会。男らしさに磨きをかけた彼を見て、ヒロインは懐かしさが込み上げると同時に、胸の高鳴りが止まりません。彼と二人きりで時間を過ごすうち、大人の女として見てほしいと願わずにはいられなくなって......。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information