自覚: 隠蔽捜査5.5

Front Cover
新潮社, 2017 - Criminal investigation - 321 pages
1 Review
畠山警視は実技を伴うスカイマーシャルの訓練中、壁に直面する。彼女は共に難事件を乗り越えた竜崎に助言を求めた(「訓練」)。関本刑事課長は部下戸高の発砲をめぐり苦悩した。そこで竜崎の発した一言とは(表題作)。貝沼副署長、久米地域課長、伊丹刑事部長。彼らが危機の際に頼りにするのは、信念の警察官僚、大森署署長竜崎伸也だった―。七人の警察官の視点で描く最強スピン・オフ短篇集。

What people are saying - Write a review

Review: 自覚: 隠蔽捜査5.5

User Review  - えり - Booklog

2016.03.13 Read full review

Review: 自覚: 隠蔽捜査5.5

User Review  - ori5ha8ka9t1 - Booklog

20160127 Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information