ヤング・シャーロック・ホームズ, Volume 7

Front Cover
静山社, 2019 - 336 pages
シャーロックは学識を身につけるため、オックスフォードで暮らすことになった。『不思議の国のアリス』の作者でもあるドジソン教授に直接指導を受け、興味深い数論理や科学技術に接しはじめていた。そのころ、解剖に回された遺体の一部が盗まれる、奇妙な事件があいついでいた。シャーロックは遺体安置所に乗り込み、盗難現場を突き止めるが、その遺体の送り先は、背筋が凍るような不気味な場所だった。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information