時間のかかる読書: 横光利一『機械』を巡る素晴らしきぐずぐず

Front Cover
河出書房新社, 2009 - 290 pages
わずか1時間ほどで読み終わる短篇小説を、11年余の歳月を費やして読み解きながら、「読むことの停滞」を味わう文学エッセイ。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information