ネオリベ化する公共圏: 壊滅する大学・市民社会からの自律

Front Cover
〓 秀美, 花咲政之輔
明石書店, 2006 - Public spaces - 188 pages
早稲田や法政など相次ぐ大学への警察導入、ホームレスの「住居」を強制撤去する大阪市、各種サイト閲覧処分、健康増進法、ピンクチラシ規制、有害図書指定、青少年の外出禁止令...自治的組織が無効となっていく中で、その果てに何を構想し、いかに生き抜くか。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information