人口激減: 移民は日本に必要である

Front Cover
新潮社, 2011 - Immigrants - 191 pages
日本の人口減少が止まらない。このままでは、内需の縮小による経済的後退のみならず、活力そのものが失われ、日本は世界から取り残されていくばかりだ。本書では、人口減少化社会への劇薬として、移民受入れを議論する。彼らの労働力や「多文化パワー」を最大限に活かす方法、その経済的効果、本当の受入れリスクなどを検証。はたして移民は、“救世主”となるのか。国際交流のスペシャリストによる、新しい日本再生論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information