思想としての近代仏教

Front Cover
中央公論新社, 2017 - Buddhism - 421 pages
日本において「近代仏教」はどのように形成され、展開していったのか。本書は、こうした問いを念頭に、思想と実践の両面から、代表的知識人の営為に光をあてる。また、浄土、日蓮、禅という三系統について、それぞれの複雑な思想動向を取りあげていく。幅広い視点から、近代仏教の諸相をとらえた充実の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information