神の国アメリカの論理: 宗教右派によるイスラエル支援、中絶・同性結婚の否認

Front Cover
明石書店, 2008 - 416 pages
リベラルが支配した60年代からはじまる伝統的価値の崩壊を食い止めるため、政治の世界にも勢力を拡張する宗教右派はなにを目指すのか。先進民主主義国のなかで世界一のハイテク技術と信仰心が密接に共存するアメリカを大きく動かす神の国の論理とは...。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information