ドイツ連邦主義の崩壊と再建: ヴァイマル共和国から戦後ドイツへ

Front Cover
権左武志
岩波書店, 2015 - 271 pages
第一次世界大戦後に創設されたヴァイマル共和国では、従来の分権的な連邦制は克服すべきものとされ、共和国末期にヒトラーが国家を「画一化」して第三帝国を打ち立てた。しかし連邦制は第二次世界大戦後に復活し、東西統一を果たした現在のドイツで生き続けている。連邦主義をめぐる知識人たちの議論をたどり、ドイツの命運を左右した分権化と集権化の力学を読み解く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information