LIFE 3.0: 人工知能時代に人間であるということ

Front Cover
紀伊國屋書店, 2019 - 509 pages
「我々の未来は我々が作るものだ」現在考えうる超知能AI出現後の各シナリオを検討する。AI開発の指針「アシロマAI原則」の取りまとめに尽力し、AI安全性研究を牽引する著者が、来るべき世界の姿と生命の究極の未来を考察する。労働、法律、軍事、倫理から、生命と宇宙、機械の意識まで多岐にわたる問題を論じた全米ベストセラー。31か国で刊行。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information