ユニバーサルデザインのまちづくり: みんなに優しいまちを目指して

Front Cover
森北出版, 2004 - 170 pages
本書は、ユニバーサルデザインのまちづくりのあり方について述べている。1、2章は、これまでの福祉施策や関連法などを展望しつつ、ユニバーサルデザインのまちづくりを定義し、その基本理念や意義、手順などの基本事項を述べた。3章から6章までは、まちにおける建物と、道路、公共交通機関および公園といった公共施設に関する具体的なユニバーサルデザインについて、各論を展開した。さらに7章では、まちの中の標識を、どのようにしたら誰にでも優しいものになるのか、そのユニバーサルデザインについて述べている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information