プルーストと身体: 『失われた時を求めて』における病・性愛・飛翔

Front Cover
白水社, Feb 10, 2008 - 369 pages
喘息、不眠症、消化不良、性的失敗。矢で射抜かれた聖セバスチアン、躍動的なバレエ・リュス...病や性愛、運動の「場」としての「身体」を軸に、二十世紀文学の至宝を鮮やかに読み解く。国際的プルースト研究者の遺稿集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information