故国喪失についての省察, Volume 1

Front Cover
みすず書房, 2006 - 345 pages
35年にわたる批評実践の集大成としての評論集。メルロ=ポンティからグレン・グールドまでを論じた17編を収録。故国喪失と批評のかかわりを軸に、サイード思想のエッセンスを伝える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information