屍人荘の殺人

Front Cover
東京創元社, Sep 13, 2019 - Fiction - 382 pages

ミステリランキング驚異の4冠!

シリーズ累計50万部!!


豪華キャストによる映画化

2019年12月13日(金)全国東宝系にて公開

監督:木村ひさし 脚本:蒔田光治

出演:神木隆之介 浜辺美波 中村倫也ほか


神紅大学ミステリ愛好会会長であり『名探偵』の明智恭介とその助手、葉村譲は、同じ大学に通う探偵少女、剣崎比留子とともに曰くつきの映画研究部の夏合宿に参加することに。合宿初日の夜、彼らは想像だにしなかった事態に遭遇し、宿泊先の紫湛荘に立て籠りを余儀なくされる。全員が死ぬか生きるかの極限状況のもと、映研の一人が密室で惨殺死体となって発見されるが、それは連続殺人の幕開けに過ぎなかった。――たった一時間半で世界は一変した。究極の絶望の淵で、探偵たちは生き残り謎を解き明かせるのか?! 予測不可能な奇想と破格の謎解きが見事に融合する、第27回鮎川哲也賞受賞作。

解説=有栖川有栖

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

About the author (2019)

1985年長崎県生まれ。岡山大学卒。2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は「このミステリーがすごい!」、〈週刊文春〉ミステリーベスト10で第1位を獲得、第18回本格ミステリ大賞を受賞。続編に『魔眼の匣の殺人』がある。

Bibliographic information