討議デモクラシーの挑戦: ミニ・パブリックスが拓く新しい政治

Front Cover
篠原一
岩波書店, 2012 - Civil society - 260 pages
議会政治が民意を反映していないという不満が指摘されて久しい。そのような代表制民主主義の欠陥を補完し、熟慮された民意を政策に反映させることをめざす討議デモクラシー。その実践として、無行為抽出された市民たち(ミニ・パブリックス)による討議の結果を政策決定に活用しようとする社会実験が世界各地で行われている。その原型とされる手法を紹介し、二〇〇〇年以降の新しい動向も概観する。民主主義の新しい可能性を示す、刺激に満ちた一冊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information