身心一如のニュー・カウンセリング

Front Cover
誠信書房, Jun 10, 1999 - 323 pages
ニュー・カウンセリングでは、人間を、こころとからだがいつでも一緒に機能しているものだとみなす。ニュー・カウンセリング独自の「動く」という「実習」のなかで、クライエントの問題への「気づき」が起こり、さらに気づきそのものが治癒へとつながっていく。本書では、著者の長年のカウンセリングやワークショップの経験をもとにして、東洋思想の人間観にもとづいた「ニュー・カウンセリング」独自の理論と方法がカウンセリングの新しい体系として提唱される。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information