感染症疫学: 感染性の計測・数学モデル・流行の構造

Front Cover
昭和堂, 2020 - 233 pages
AIDS、SARS、MERSを経て長きにわたり世界的に読まれてきたテキストの最新版。疫学の基礎から応用まで表やグラフを交えながら分かりやすく解説する。感染症を人間社会のなかで総合的に理解したい研究者・医学生・臨床医に最適の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information