食糧法システムと農協

Front Cover
日本農業研究所
農林統計協会, 2000 - 268 pages
昭和17年に制定された食糧管理法が廃止され、新たな装いの下に新食糧法が全面的に発足するのは平成8米穀年度のことである。最近ではようやく新がとれて一般に食糧法と呼び慣わすようになった。では、この5年間に米の価格・流通の実態はどう変わり、この制度が意図した系統農協主体の柔軟かつ弾力的な米価格・流通システムは、はたしてどこまで達成されたであろうか。日本農業研究所では以上のような問題意識の下に、平成7年「新食糧法下における農協のあり方研究会」を組織し、外部の専門的研究者の参加による共同研究を進めてきた。食糧法に基づく米価格・流通政策の変化を、末端での農協による米生産・流通管理の実態と突きあわせることを通じて、その政策的意義・限界を明らかにすることを企図したのである。本書は同研究会における共同研究をふまえて、研究会メンバーが独自の視点から食糧法システムの体系的分析を試みたものである。その点で、本書は同研究会の直接の成果であるとともに、それを超える学術研究書である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information