「場所」のアジア系アメリカ文学: 太平洋を往還する想像力

Front Cover
晃洋書房, 2017 - American literature - 269 pages
「場所」とは具体的な場所であると同時に、変容するアイデンティティを位置づける空間的でメタフォリカルな場所でもある。本書は、アジア系アメリカ文学がアメリカの政治的経済的な「アジア太平洋」世界に抵抗する想像力をもって、解放の場所・空間を構築していることを論証する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information