イメージの地層: ルネサンスの図像文化における奇跡・分身・予言

Front Cover
名古屋大学出版会, 2011 - 920 pages
奇跡像、蝋人形、幻視...近代の「芸術」からはこぼれ落ちる、「迷信」に満ちたイメージの力を無視することなく、人々がそこに残した痕跡や文化の記憶が織りなす複雑な地層を掘り起こし、ルネサンスの多元性を蘇らせた「イメージの歴史人類学」の試み。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information